宮城県美術刀剣保存協会 miyagiokatana.com   


宮城県美術刀剣保存協会は宮城県を拠点に活動する日本刀愛好会です。



新着情報

次回 定例鑑賞会のご案内

令和元年六月二十二日 定例鑑賞会

  • 会場:塩竃神社 第二講堂
  • 住所:〒985-8510 宮城県塩竈市一森山1-1
  • 時間:13時~17時
  • 講師:高山武士先生
  • 鑑賞刀:5口
  • 参加費:2,000円(初回のみ1,000円)
  • 一般、初心者の参加 歓迎(サポート体制あり)
  • 申込方法:鑑賞会参加申込フォームにて承ります。
  • 当日のアポなし飛び入り参加はご遠慮ください。

コンテンツ

宮城県美術刀剣保存協会(宮刀保)は、県内外から日本刀を愛する人たちが集まり、古えから現代まで日本刀が辿った歴史や美しさ、大事に守り伝える意味とその心を学び、日本刀の文化を未来へ繋ぐための活動をしています。ホームページ開設にあたり鈴木俊一会長から皆様へのご挨拶です。

戦後、諸先生方による日本刀を守り後世へ繋げていくための活動を経て、本会は宮城県を拠点とした団体として設立いたしました。

本会の設立から現代に至るまでの歴史をご紹介します。

日本刀を愛する気持ちは皆同じ。

宮刀保の会員の方々から、日本刀への想い、託したい願いをお話しいただきました。

日本刀に興味をもった経緯や面白さ等をお伝えいたします。


5/8 鑑賞会ニュース76号発行!

宮刀保が主催または参加した催事や鑑賞会の様子、日本刀の鑑賞レポートをこちらでお知らせします。

日本刀の文化の伝承を志す各団体様との相互リンク集です。


催事リスト

6月1日~8月31日:日本刀1,500年展

・開催期間:2019年6月1日(土) ~ 8月31日(土)
・会場:奥州文庫 刀剣美術館

 〒023-0401 岩手県奥州市胆沢南都田字小十文字123

・入館料:無料

・休館日は公式Twitterにてご確認ください。

・公式Twitter:@osyu_bunko

ダウンロード
日本刀1,500年展パンフレット
R1_tujou_osyubunko3_Panflet.pdf
PDFファイル 479.4 KB

 4月27日~6月23日:

企画展「赤羽刀と仙台鐔」ー 武器・武具の美 ー

・開催期間:2019年4月27日(土) ~ 6月23日(日)
・会場:村田町歴史みらい館 1F企画展示室

    〒989-1305 宮城県柴田郡村田町大字村田字迫85

・内容:終戦後、国内の日本刀はGHQによって接収され、

多くは廃棄されましたが、美術的価値のある日本刀の一部は、東京の赤羽にある倉庫に保管され「赤羽刀」と呼ばれました。

今回の企画展は、当館に譲与された赤羽刀、江戸時代に仙台藩領内で作られた仙台鐔を中心に、火縄銃や甲冑を展示。

・入館料:無料

・開館時間:公式サイトにてご確認ください

・公式サイト:http://www.town.murata.miyagi.jp/kosodate/miraikan/index.html


随時展示:秋保温泉 岩沼屋 先祖伝来の御刀展示

・開催期間:2018年2月3日(土)~
・会場:仙台 秋保温泉 岩沼屋

・内容:400年以上前に先祖が護身用として携帯していた御刀と拵えが

 発見され、修復を経て一般公開を開始しました。

 当時を垣間見れる貴重な機会です。ぜひご覧ください。

 観覧時間、休館日は公式サイトをご確認ください。

・公式サイト:https://www.iwanumaya.co.jp


公式Twitter  @OkatanaMiyagi

フォロー・リツイートよろしくお願いします!