新着情報

宮城県美術刀剣保存協会(宮刀保)は、県内外から日本刀を愛する人たちが集まり、古えから現代まで日本刀が辿った歴史や美しさ、大事に守り伝える意味とその心を学び、日本刀の文化を未来へ繋ぐための活動をしています。ホームページ開設にあたり鈴木俊一会長から皆様へのご挨拶です。

戦後、諸先生方による日本刀を守り後世へ繋げていくための活動を経て、本会は宮城県を拠点とした団体として設立いたしました。

本会の設立から現代に至るまでの歴史をご紹介します。

日本刀を愛する気持ちは皆同じ。

宮刀保の会員の方々から、日本刀への想い、託したい願いをお話しいただきました。

日本刀に興味をもった経緯や面白さ等をお伝えいたします。


催事リスト

2017.9.23 / 第四回 日本刀講演会と日本刀鑑賞会 in 村田町


【主催】

 宮城県美術刀剣保存協会

【会場・時間】

 会場:村田町歴史みらい館 2階研修室

 所在地:宮城県柴田郡村田町村田迫85

 開催時間:

  1.日本刀講演会 10:00~12:00
  2.日本刀鑑賞会 13:00~17:00

【主な内容】

1.日本刀講演会

『日本刀に魅せられて ~仙台藩工「青龍子兼次」を中心に~』

仙台藩の刀工のひとり青龍子兼次。

生み出された御刀と共に同じ時代に生きた刀工の足跡をたどります。

講師:佐藤一典氏(本会 副会長)

参加料:無料、どなたでも参加可

 

2. 日本刀鑑賞会

『日本刀を手に取って鑑賞してみませんか』

実際に手に取って鑑賞してみましょう。

それぞれの御刀が持つ魅力や見どころをたっぷりご紹介します!

講師:高山武士先生(刀剣文化研究所 主幹)

参加料:会費 2,000円、定員40名(※)

(※)一般の方は鑑賞会前に御刀の取り扱い方法や

礼儀作法をご聴講いただきます。

【問い合わせ】

 事務局 宮城正年(090-6256-1327)


【調整中】

2017.10.1~11.19 / 秋の企画展「政宗と白石宗實・宗直の絆」


【主催】

 登米懐古館様

 ※宮刀保の公益活動として佐藤一典氏(当会副会長)が

 主体となり協力しております。

 

【会場・時間】

 会場:登米懐古館

 所在地:登米市登米町寺池桜小路103-9

 開館時間・入館料:開館時間と入館料は関連サイトでご確認ください

 

【主な内容】

 詳細はわかり次第、掲載いたします。

 関連サイト(宮城の明治村):http://toyoma.co.jp/facilities-kaiko/

 


【調整中】

2017.11.11 / 第一回 日本刀講演会と日本刀鑑賞会 in 川崎町


【主催】

 宮城県美術刀剣保存協会

 ※宮刀保の公益活動として協力しております。

【会場・時間】

 会場:川崎町役場ホール

 所在地:柴田郡川崎町大字前川字裏丁175-1

 開催時間:

  1.日本刀講演会 10:00~12:00
  2.日本刀鑑賞会 13:00~16:00

【主な内容】

 

 

 詳細はわかり次第、掲載いたします。


【調整中】

2017.11.11~12 / 宿泊鑑賞会 in 川崎町(宮刀保会員のみ)


【主催】

 宮城県美術刀剣保存協会

【会場・時間】

 会場:川崎青根温泉

 時間:行事終了後

【主な内容】

 1泊2日です。

 日本刀を愛する方々と心ゆくまで刀剣談義をしましょう。

 会場まで会員各位で乗り合わせできますので、

 交通手段でお悩みの方は幹事までご連絡ください。

 詳細はわかり次第、掲載いたします。