宮城県美術刀剣保存協会 miyagiokatana.com   


宮城県美術刀剣保存協会は宮城県を拠点に活動する日本刀愛好会です。


新着情報


コンテンツ

宮城県美術刀剣保存協会(宮刀保)は、県内外から日本刀を愛する人たちが集まり、古えから現代まで日本刀が辿った歴史や美しさ、大事に守り伝える意味とその心を学び、日本刀の文化を未来へ繋ぐための活動をしています。ホームページ開設にあたり鈴木俊一会長から皆様へのご挨拶です。

戦後、諸先生方による日本刀を守り後世へ繋げていくための活動を経て、本会は宮城県を拠点とした団体として設立いたしました。

本会の設立から現代に至るまでの歴史をご紹介します。

日本刀を愛する気持ちは皆同じ。

宮刀保の会員の方々から、日本刀への想い、託したい願いをお話しいただきました。

日本刀に興味をもった経緯や面白さ等をお伝えいたします。


鑑賞会ニュース72号発行しました!

宮刀保が主催または参加した催事や鑑賞会の様子、日本刀の鑑賞レポートをこちらでお知らせします。

日本刀の文化の伝承を志す各団体様との相互リンク集です。


催事リスト

8月4日(土)~ 12月2日(日)

特別企画展「古の刀 その源流と会津の士魂」

日時:平成30年8月4日(土)~12月2日(日)

場所:中鉢美術館

時間:午前9時~午後5時  (3月から11月)

     午前10時~午後4時(12月から2月)

 

特別展示目録はこちらをご参照下さい。 

 

詳しくは公式サイトをご確認ください。

 

公式サイト:http://chubachimuseum.client.jp/index.html

 

 


9月22日:第2回「日本刀講話会と鑑賞会」

・日時:9月22日(土)10:00~12:00、13:00~17:00

・場所:川崎町公民館(川崎町場隣)

〒989-1501 柴田郡川崎町前川裏丁175-2

事務局TEL:090-6256-1327(宮城正年)

・主な内容

第1部 講話会(10:00~12:00)

テーマ『文化の象徴、日本刀』

講師:鈴木俊一氏(当協会々長)

参加費無料、どなたでも参加可

 

第2部 名刀鑑賞会(13:00~17:00)

『日本刀の魅力に触れる』

講師:高山武士先生(刀剣文化研究所主幹)

参加費2,000円、定員40名

 


随時展示:秋保温泉 岩沼屋 先祖伝来の御刀展示

・開催期間:2018年2月3日(土)~
・会場:仙台 秋保温泉 岩沼屋

・内容:400年以上前に先祖が護身用として携帯していた御刀と拵えが

 発見され、修復を経て一般公開を開始しました。

 当時を垣間見れる貴重な機会です。ぜひご覧ください。

 観覧時間、休館日は公式サイトをご確認ください。

・公式サイト:https://www.iwanumaya.co.jp


公式Twitter  @OkatanaMiyagi

フォロー・リツイートよろしくお願いします!