宮城県美術刀剣保存協会 miyagiokatana.com   


宮城県美術刀剣保存協会は宮城県を拠点に活動する日本刀愛好会です。


新着情報

コンテンツ

宮城県美術刀剣保存協会(宮刀保)は、県内外から日本刀を愛する人たちが集まり、古えから現代まで日本刀が辿った歴史や美しさ、大事に守り伝える意味とその心を学び、日本刀の文化を未来へ繋ぐための活動をしています。ホームページ開設にあたり鈴木俊一会長から皆様へのご挨拶です。

戦後、諸先生方による日本刀を守り後世へ繋げていくための活動を経て、本会は宮城県を拠点とした団体として設立いたしました。

本会の設立から現代に至るまでの歴史をご紹介します。

日本刀を愛する気持ちは皆同じ。

宮刀保の会員の方々から、日本刀への想い、託したい願いをお話しいただきました。

日本刀に興味をもった経緯や面白さ等をお伝えいたします。


鑑賞会ニュース71号発行しました!

宮刀保が主催または参加した催事や鑑賞会の様子、日本刀の鑑賞レポートをこちらでお知らせします。

日本刀の文化の伝承を志す各団体様との相互リンク集です。


催事リスト

4月22日~6月24日:登米懐古館 春の企画展~登米・郷土が誇る刀剣展

・開催期間:2018年4月22日(日)~6月24日(日)
・開館時間:午前9時~午後4時30分
・会場:登米懐古館(登米市登米町寺池桜小路103-9)
・主催:とよま振興公社
・展示内容:登米とゆかりのある刀剣9振を展示

・公式サイト:http://toyoma.co.jp/blog/1059/

・期間中のイベント:刀剣解説会と刀剣相談会を2回開催します

日時:5月13日(日)、6月10日(日)

・刀剣解説会 13:00~

・刀剣相談会 13:30~

刀剣解説:佐藤一典氏(当協会副会長)


4月27日~6月24日:特別企画展「兼定 刀都・関の名工」

・開催期間:2018年4月27日(土)~6月24日(日)
・開館時間:午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
・会場:岐阜県博物館(岐阜県関市小屋名1989)
・主催:岐阜県博物館
・展示内容:兼定作刀が一堂に会する初の企画展。

特に、兼定銘きっての名工として知られる兼㝎の作品が

県内外から多数出品される他、

会津兼定十一代の作品もまとまって出品されます。

・公式サイト:http://www.gifu-kenpaku.jp/

 

当協会会員が所有する初代兼定も展示されます!


6月1日~6月30日:日本刀展

・開催期間:2018年6月1日(金)~6月30日(土)

・開館時間:午前9時~午後4時

・主催・会場:奥州文庫 刀剣美術館

(岩手県奥州市胆沢南都田字小十文字123)

・入館料:無料

・展示内容:日本刀をメインとした展示会です

 1.刀の部:正中一文字(鎌倉)、直江(南北朝)、大和守安定(江戸)、

国包2代・13代(江戸)、国法(江戸)、近江守助直(江戸)、

山口清房(現代)など

 2.その他:茶碗 永淵作「深大寺」、茶杓、茶釜 浄寿作「車形鉄瓶」、

小皿 薩摩焼「武者図色絵小皿」など

 

※ご来場の際は念のため、館連絡用電話(080-1694-1234)に

 開館有無をお問い合わせ下さい

 

ダウンロード
日本刀展パンフレット
ousyu-H30event2.pdf
PDFファイル 1.7 MB
ダウンロード
奥州文庫 刀剣美術館ポスター
ousyu-poster.pdf
PDFファイル 236.5 KB

9月22日:宮刀保 刀剣講話会と鑑賞会

・日時:9月22日(土)10:00~12:00、13:00~17:00

・場所:川崎町公民館(川崎町場隣)

〒989-1501 柴田郡川崎町前川裏丁175-2

事務局TEL:090-6256-1327(宮城正年)

・講師:

・鑑賞会費:

・主な内容:調整中のため少々お待ちください。

 


随時展示:秋保温泉 岩沼屋 先祖伝来の御刀展示

・開催期間:2018年2月3日(土)~
・会場:仙台 秋保温泉 岩沼屋

・内容:400年以上前に先祖が護身用として携帯していた御刀と拵えが

 発見され、修復を経て一般公開を開始しました。

 当時を垣間見れる貴重な機会です。ぜひご覧ください。

 観覧時間、休館日は公式サイトをご確認ください。

・公式サイト:https://www.iwanumaya.co.jp


公式Twitter  @OkatanaMiyagi

フォロー・リツイートよろしくお願いします!