宮城県美術刀剣保存協会 miyagiokatana.com   


宮城県美術刀剣保存協会は宮城県を拠点に活動する日本刀愛好会です。

新着情報

次回 定例鑑賞会のご案内

令和元年11月9日 移動鑑賞会

  • 会場:武家屋敷 春蘭亭
  • 住所:宮城県登米市登米町寺池桜小路79
  • 時間:12時~17時
  • 講師:副会長 佐藤一典氏
  • 鑑賞刀:5口
  • 参加費:一般 1,000円(会員は無料)

2019年度 今後の予定

  • 1月18日(土) 新春名刀鑑賞会
  • 3月

コンテンツ

宮城県美術刀剣保存協会(宮刀保)は、県内外から日本刀を愛する人たちが集まり、古えから現代まで日本刀が辿った歴史や美しさ、大事に守り伝える意味とその心を学び、日本刀の文化を未来へ繋ぐための活動をしています。ホームページ開設にあたり鈴木俊一会長から皆様へのご挨拶です。

戦後、諸先生方による日本刀を守り後世へ繋げていくための活動を経て、本会は宮城県を拠点とした団体として設立いたしました。

本会の設立から現代に至るまでの歴史をご紹介します。

日本刀を愛する気持ちは皆同じ。

宮刀保の会員の方々から、日本刀への想い、託したい願いをお話しいただきました。

日本刀に興味をもった経緯や面白さ等をお伝えいたします。


7/31 鑑賞会ニュース77号発行!

宮刀保が主催または参加した催事や鑑賞会の様子、日本刀の鑑賞レポートをこちらでお知らせします。

日本刀の文化の伝承を志す各団体様との相互リンク集です。




催事リスト

令和元年9月10日~10月14日 「美濃の名刀展」

ダウンロード
美濃の名刀展資料
美濃の名刀展資料pdf.pdf
PDFファイル 222.2 KB

・開催期間 令和元年 9 月 10 日(火)~10 月 14 日(月) 

・時間  〈平日〉   10時~20時

〈土日祝〉10時~18時

※最終日のみ時まで15時迄

・主催 日本美術刀剣保存協会岐阜県支部

公益財団法人日本美術刀剣保存協会との共催

・会場  岐阜県図書館 企画展示室(1F)

〈所在地〉岐阜県岐阜市宇佐4―2―1

〈電話〉058―275―5111(代)

・入館料 無料

・休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)

  毎月最終金曜日(9月27日)

・主な内容 

美濃刀を代表する名工、兼㝎、兼元(孫六)をはじめ、金重、為継、千手院、外藤など稀代の作品も一堂に会する試みです。

刀剣21振り、拵(外装)7口、 展示刀剣の押形 12 点を展示します。

 


「蝦夷-古代エミシと律令国家-」令和元年9月21日(土)~11月24日(日)              東北歴史博物館開館20周年・宮城県多賀城跡調査研究所設立50周年記念特別展

開催期間  令和元年9月21日(土)~11月24日(日)

開館時間  9:30~17:00(発券は16:30まで)

休館日   毎週月曜日(9月23日(月・祝),10月14日(月・祝),

     11月4日(月・振替休日)は開館,9月24日(火),

     10月15日(火),11月5日(火)は閉館)

観覧料金 一般1,200円(1,100円)

     シルバー(65歳以上)1,100円 (1,000円)  

     小中高生 600円(500円)

     ※( )内は20名以上の団体料金

主催    東北歴史博物館

共催    宮城県多賀城跡調査研究所,多賀城市,多賀城市教育委員会,

       NHK仙台放送局,河北新報社

後援    多賀城市観光協会,多賀城・七ヶ浜商工会,仙台放送,                          ミヤギテレビ、TBC東北放送,KHB東日本放送,

               エフエム仙台,朝日新聞仙台総局,毎日新聞仙台支局,                         読売新聞東北総局,産経新聞社東北総局,

              宮城ケーブルテレビ株式会社,宮城県考古学協会

 

・蝦夷とは何か。最新の考古学の発掘調査成果と古代史学の研究を集大成し,律令国家の形成・発展・衰退のなかで蝦夷と律令国家との軋轢(あつれき)と交流の実像に迫ります。

 1,300年の時を経て,古代東北の地に生きた「蝦夷」が,今ここによみがえります。

 


令和2年1月1日~「国包展」

開催期間:令和2年1月1日(水)

開館時間:午前8時30分~午後4時00分(会期中休館日なし)

観覧料:一般・大学生300円(団体20名様以上250円)

    高校生以下無料 

・詳細分かり次第追記予定 


随時展示:秋保温泉 岩沼屋 先祖伝来の御刀展示

・開催期間:2018年2月3日(土)~
・会場:仙台 秋保温泉 岩沼屋

・内容:400年以上前に先祖が護身用として携帯していた御刀と拵えが

 発見され、修復を経て一般公開を開始しました。

 当時を垣間見れる貴重な機会です。ぜひご覧ください。

 観覧時間、休館日は公式サイトをご確認ください。

・公式サイト:https://www.iwanumaya.co.jp


公式Twitter  @OkatanaMiyagi

フォロー・リツイートよろしくお願いします!